close

バグ情報をリリースしたらお知らせします。

機種やOSバージョンの差異による不具合情報、いわゆる機種依存バグ情報を整備しようとしています。
バグ情報の「質問」、解決策の「回答」、どちらも揃った「報告」まで、幅広い投稿方法を予定しています。
ご興味ある方はぜひメールアドレスを登録ください。
メールアドレスは、「バグ情報」機能のリリース時のお知らせにのみ利用します。
個人情報取り扱い方針はこちら

シェアとは

弊社独自の調査により、日本国内でのアクティブな利用度合いを示す数値です。

数千サービスのアクセス統計を合算し、広い用途に活用できるデータとして、スマートフォンの機種別やOSバージョン別のシェア情報を導出しています。利用頻度の高い機種やOSバージョンを選定する際の参考値としてご利用ください。

弊社が「DPS/デバイス・プロファイルサービス」として有償で販売しているデータの一部を、本サイトで公表しています。

スマタブinfoで使っているシェア関連の用語

本サイトで使っている、シェア関連の用語を説明します。

機種別シェア

各機種ごとに導出したシェア情報をパーセンテージで表しています。合算すると、スマートフォンとタブレットそれぞれで100%になります。

発売された直後の機種は低いのですが、すぐにアクティブに利用されるため、急にシェア率が高まります。当然ながら人気機種は長い期間、シェア率が高い傾向があります。

本サイトでは機種別シェアの実数値は表示されていませんが、各情報の元になっています。

シェアランク

機種別シェアが高い順から5段階にランク分けした情報です。シェアランクはAndroid OSのみ利用できます。具体的には、ランクAの機種のシェア全てを合計したものが上位の20%です。以降、B、C、D、Eまで20%ずつの分布です。

ランクごと合算した場合は以下のようなシェア合計となります。

OSシェア

スマートフォンの機種別シェアの数値を合算して、OSバージョン別のシェアが判別できるようにした情報です。

本サイトでは、Androidはおおむね「4.x」のように小数点1位までのバージョンで区切って、シェア率を導出しています。APIレベル別で区切っているため、一部「2.3.3」のようなバージョン表記もあります。

GoogleやAppleからOSバージョン別の稼働割合が発表されていますが、日本国内向けの情報で、かつ、実際のサービスにアクセスしている端末種別から算出した情報のため、よりリアルな活用ができる点が特徴です。

OSシェアグラフ

AndroidとiOSのバージョン別のシェアの推移を面グラフで表現したものです。

過去3カ月分は実績値で、未来2カ月分は弊社独自のノウハウで予測しているのが特徴です。月1回更新しています。

シェア情報の活用

  • スマホWebサービス対象の選定
  • スマホアプリサービス対象の選定
  • 端末テスト対象の選定
ほか例えば、以下のようなケースも想定しています。
  • スマートフォンと機器連携するIoTサービスを企画する際に、Bluetooth バージョンなどのスペックとシェアを組み合わせることで、実稼働を想定した対象デバイス数を事前調査
もし具体的な用途があれば「○○の用途に使いたいため、△△の情報も掲載してくれないか?」といったご要望も検討いたします。
ぜひ、以下の「ご意見はこちらから」ボタンからご要望をお寄せください。